【Amazonプライムフォト】iPhoneアプリから自動保存する設定にしたのにアップロードされていない原因と解決策

Webハック

Amazon Photosのプライムフォトは、iPhoneや Androidスマホを使っているプライム会員の皆様にはおすすめのクラウドサービスです。
たとえば、iPhoneのiCloud容量が減ってきたり無くなってきたりして、頻繁に通知が鳴ってお困りの人には有り難いサービスですよね。もちろんiPhone版、Android版どちらのアプリもあります。

自動保存の設定にするとスマホ端末から写真を削除したときに消えてしまうのでは?

さっそくですが、Amazon photosアプリをダウンロードして使い始める時、「自動保存」の設定にしますよね?
「自動保存」にするとiPhoneやAndroidのスマホ端末のアルバムの写真を削除したら、
アプリをアップロードしたとき「同じ写真が消えてしまわないかな」って心配になりませんか?

プライムフォトにコピーか、アップロードならわかるのですが、「自動保存」という言葉に惑わされました。プライムフォトのことを教えてくれた人に聞いても自動保存にしたら、同期みたいになりスマホ端末の写真を削除したらAmazonPhotosの同じ写真も消えると言っていたので不安になりました。
そのため、アプリダウンロードしてからしばらくの間、怖くて自動保存にせず写真のアップロードはしないままでいました。(何のためにアプリ入れたのか本末転倒だな)

同じように考えていたみなさん、ご安心ください。

同期させて、iPhone端末の元写真を削除してもプライムフォトにアップした写真は消えなかったのです。

バンザーイ!
これで安心して自動保存してアップすることができるし、手動でバックアップの手間もなくなります。

ちなみに、スマホからアプリを削除したとしても、プライムフォトから写真は消えないそうです。

もちろんプライムフォトのアカウントを削除したら消えてしまいます。

詳細はこちらをご覧ください。→Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon Photosのさまざまな機能

自動保存の設定になっているか確認する方法

  1. アプリを開いたらスクリーン右下のメニュー『その他』をタップ
  2. 『設定』をタップ
  3. アカウントの『アップロード』をタップ
  4. 『自動保存』がオンになっているか確認する
    オンになっている場合は青色、オフだとグレーです。

自動保存に設定したのに写真がアップロードされないのはなぜか?

自動保存の設定にしたのに、アプリを開いたら最近の写真が全然アップロードされていませんでした。
アプリの設定を見ても『自動保存』がオンになっている。

iPhoneの場合、原因は端末の設定です。

端末ではアプリごとに設定ができるようになっていますが、AmazonPhotosのアプリの設定が下のようになっているのだと思います。

iPhoneでの確認方法

  1. 端末の『設定』を開く
  2. 『Amazon Photos』を開く
  3. 『写真』の項目を開く
  4. 『写真のアクセスを許可』の選択を確認する。
    下の画像を参照。
    ①選択した写真にチェック→自動保存されない
    ②すべての写真にチェック→自動保存される

もし、同じような設定にしている人がいて困っていたら参考にしてみてください。

ちなみに同期は『Amazon Drive』。こちらは、一般的なファイル形式に対応しているクラウドストレージサービスです。 

【iPhone】Amazon photosからのダウンロード形式について(2021年7月29日追記)

Amazonphotosにパソコンからアクセスして、写真をダウンロードすると、デフォルトの写真形式は「HEIC」という拡張子のファイルでした。JPEGやPNG形式でダウンロードされない点にも注意が必要です。

このHEICとは、iPhoneで写真を撮ったときに保存される画像の拡張子です。iPhoneでは iOS 11 から画像のファイル形式が「 JPEG 」から、より高効率な「 HEIF 」になっています。そもそもiPhoneで撮った写真のファイル形式を考えたことがありませんでした。

このままでは編集できないので、私は利用する際はWindowsPCのペイントで保存形式をjpgに変換しております。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました